借入があっても借りれる|借りれるかどうか不安な方のための処方箋

借入があっても借りれる|借りれるかどうか不安な方のための処方箋

複数のローンでも借りるコツ

ローン会社

 

他社のローンを利用している人にとって、違うローンの審査に通るかが問題でしょう。そんな疑問を解消できるヒントを紹介します。
多数のローンを経験したことがある私だからこそ気が付いたポイントが幾つかあります。

 

借入件数はゼロのほうが良いですが、ローンといっても必要不可欠となるタイプもあります。住宅ローン、マイカーローン、教育ローンなどは多くの家庭で利用したことがあるでしょう。またローンの審査にも影響しやすいのがクレジットカードの利用状況携帯電話のローンです。意外と見逃しやすい事もあるため、はじめてキャッシングやカードローンを利用する方も、影響する金融商品の利用が無いかチェックしてみましょう。
状況に合わせて、いくつかポイントをまとめて紹介していますので、是非参考にしてみて下さい。
各種ローンの項目に当てはまるものをチェックしながら、上手く審査に通るコツを把握しておきましょう。審査状況は各社により多少異なりますが、一般的にいわれているルールは大体一緒です。基本的な決まりごとに基づいてローンを利用しているか知っておくと、どのローンに申し込みをしたら良いかがわかりやすくなります。
それでは自分に当てはまる各種ローンの状況についてみてみてください。

見逃しやすいクレジットカードの2つのポイント

クレジットカードはローンとは関係が無いという感じがしますね。でも申し込み方、利用の仕方によっては後々キャッシングやカードローンに影響することがあります。2つのポイントについて解説します。

 

キャッシュバック目的は危険

クレジットカードを申し込むとお得なポイントがもらえたり、キャッシュバックが得られるなどのキャンペーンが行なわれていることがあります。すごくお得という感じはしますが、実はクレジットカードの利用状況信用情報機関に掲載されているのです。
信用情報機関にも幾つかの種類がありますが、クレジットカードの申し込み件数、利用枚数、現在の支払い滞納などの情報が詳しく掲載されています。1枚でもカードを保有しているなら、何らかの情報が掲載されていると思っておくと良いでしょう。この中でも滞納歴、短期間の内に多数の申し込みはマイナス要素になってしまいます。

クレジットカードがローンに影響する

クレジットカードとカードローン会社はお互いに情報を共有していることがあります。どちらも互いの情報を調べるかは各社のルールによりますが、今は消費者金融で総量規制により年収の3分の1までしか貸せない法律があるため、キャッシングが利用できるクレジットカードの情報も調べることが多いようです。例えば既にクレジットカードのキャッシング利用がある方には、消費者金融での利用限度額も制限されるといった感じです。

他社借入件数が3件までの理由3つ

大まかにいうと他社借入件数は2社から3社までが適用範囲です。これは各社により多少基準が異なりますし、どのような借入状況によってかも変化します。大まかにいえば3社までが適用範囲と覚えておけば良いでしょう。3つのポイントについて紹介します。

 

他社借入件数は嘘をついてもバレる

他社借入件数は申し込み書に記載する欄があります。これらは自己申告となっており、本当のことを書くようにしてください。なぜなら信用情報機関で情報を照会すればわかることだからです。もし記載されている内容と異なる場合は、信用を落す原因にもなるため避けましょう。

借入件数3件までの理由

これはあくまでも目安となります。これ以上多い場合でOK、逆に少ない件数でもNGとなる場合があるのですが、大まかにいえば3件前後を目安とすると良いでしょう。特に消費者金融は総量規制の関係上、年収の3分の1までしか貸し出せないため、大体3件前後となるからです。

借入総額にも注意

総量規制で3分の1までしか貸せないのは消費者金融のことで、銀行のカードローンは対象外です。特に総量規制に関係する消費者金融では、全ての借入件数が高額にならないようチェックしています。年収が少なければそれだけ少ない件数でも厳しくチェックされると思っておいて下さい。

 

ローン会社

関連サイト

http://xn--now-p18dl55lngxv9k96dssib8n.com/・・・消費者金融からお金を借りるかた専用の情報サイトです。お金を借りたい時にどこから借りるのがいいのか、審査についてのいろんな疑問など、借りる前に知っておいた方がいいことなどをまとめています。
 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ