住宅ローンがあるとローンが不利になる3つのポイント

借入があっても借りれる|借りれるかどうか不安な方のための処方箋

住宅ローンがあるとローンが不利になる3つのポイント

住宅ローン、カードローンどちらのローンは連携していないように思いますが、住宅の支払額は高額となるため、年収によってはカードローンの審査に影響することがあります。3つのポイントを紹介しますので参考にしましょう。

 

年収が少なく住宅ローンを利用している

住宅ローンは銀行で利用するため独自のルールに基づき審査が行われています。しかし住宅メーカーのお付き合いで審査を無理に通したり、不動産会社の提携銀行で審査が通りやすくなるケースはあるようです。それがもし年収に対しギリギリのローンだったら?当然別途カードローンを申し込むことが難しくなります。

支払いに余裕があるならカードローンもOK

もし住宅ローンの支払いとは別に、カードローンの融資を受けても返済できると判断されれば審査は通りやすくなります。逆に住宅ローン利用中に年収が下がり、カードローンの申し込みをしようと思う場合は難しくなることもあるため注意してください。

住宅ローンと同じカードローンが狙い目

住宅ローンを既に利用している方は、同じ銀行が提供するカードローンがおすすめです。そのほうがカードローンの金利を引き下げてくれたり、途中で住宅ローンの支払いと一緒に組み込んでくれるなどメリットが出てくるケースもあるからです。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ