住宅ローンを利用中の審査の2つのポイント

借入があっても借りれる|借りれるかどうか不安な方のための処方箋

住宅ローンを利用中の審査の2つのポイント

住宅ローンを組んでいる場合、他社のカードローンの審査に影響する割合は少なめです。元々審査が厳しい住宅ローンに対し、審査が柔軟な消費者金融とはお互いが干渉しあうことは少ないのです。住宅ローンを利用してもカードローンが利用できる2つのポイントを紹介します。

 

住宅ローン利用中は有利になる

住宅ローンを組んでいるということは自宅を保有しています。賃貸より持ち家のほうが審査が有利となるため、住宅ローン利用中=カードローンの審査が有利という条件が当てはまります。自宅を持っていると簡単に転居しにくく、厳しい条件の住宅ローンの審査にもパスしています。このような方は統計的に返済を滞るケースが少ないと判断されています。

住宅ローンは年収の30%以内

住宅ローンは利用金額に限度があります。およそ年収の30%くらいが適正だといわれています。これを超えるローンを利用しているケースは稀です。中には建築業者と銀行が提携し無理なローンを組ませることもあるようですが、銀行側も商売ですからあまり無理な借り方はさせるわけにはいきません。そのため住宅ローン利用中の方は多少の余力を残していることが多く、住宅ローン利用中で返済額が年収に見合っているなら他社のローンには影響しません。

ホーム RSS購読 サイトマップ