信販会社のローンの影響2つ

借入があっても借りれる|借りれるかどうか不安な方のための処方箋

信販会社のローンの影響2つ

カードローンを利用している人は少ないかもしれませんが、意外と何気に組んでいることが多いのが信販会社のローンです。英会話の費用、エステの料金、中古車購入の費用、高額な商品のローンなどによく利用されています。信販会社を利用中の方がカードローンを申し込む際に注意したい2つの点を紹介します。

 

信販会社は総量規制対象

信販会社のローンは総量規制の対象となるため、年収の3分の1を超えてはいけないルールが適用されています。クレジットカードのキャッシングも同様で、何気なく利用している分割払いが、新たなカードローンの審査に影響することがあります。総量規制は消費者金融でも影響するため、当然お互いの会社が情報を共有し年収の3分の1を超えないよう調整することとなります。

高額融資になるなら収入証明書の提出が必要

50万円を超える場合、他社との利用枠の合算が100万円を超える場合は収入証明書の提出が求められます。新たにカードローンを作る場合、この基準を超えるなら別途書類を提出しなければなりません。その上審査が行われ、収入に応じた利用金額ではないと判断されれば審査には通らないため注意しましょう。信販会社利用金額とカードローンの利用枠で合計100万円は意外と直ぐに達してしまいます。

ホーム RSS購読 サイトマップ